はじめての食べ物だから心から安心できるものを

これまで、ほぼ母乳やミルクしか体の中に取り入れてこなかった赤ちゃん。

 

その赤ちゃんがはじめてお米や野菜やお肉や卵を、体の中に入れるのですから、考えてみれば離乳食というのは赤ちゃんにとっては大事件ですね。

 

もちろん赤ちゃんの体にも大きな影響があります。

 

腸内環境も大きく変化して、離乳食以後は大人と同じような種類の腸内細菌が増えていくのです。

離乳食を食べる赤ちゃん

また離乳食の食材ひとつひとつに含まれる栄養が、赤ちゃんの骨をつくり、血液となり、細胞をつくっていきます。

 

赤ちゃんの人生を支える体の土台が離乳食によってつくられるのです。

 

土台のしっかりしていない建物は、後からいくら調整しても頑丈にはなりません。

 

赤ちゃんも同じで、だからこそ最初に与える食べ物はとても大切なのです。

 

ところで、離乳食の食材の安全性についてはどの程度気をつけておられますか?

 

残留農薬や残留放射能、土壌汚染や水質汚染、家畜に対する抗生物質の大量投与、危険な食品添加物、食品偽装など食の安全に関しては、悪いうわさが多いようです。

 

そして、忘れてはならないのは乳幼児は大人の何倍も毒素の影響を受けやすいということです。

 

体内に取り入れられた毒素は、赤ちゃんの体の中に活性酸素を生み、それが細胞を傷つけます。

 

傷ついた細胞がどんどん増殖して赤ちゃんの体をつくっていくことを考えると恐ろしくなります。

 

だからこそ、特に赤ちゃんに与える離乳食の食材だけは安全性のきちんと確認できるものを使いたいですね。

 

離乳食の食材の選び方についての詳しくはこちらのサイトで

 

安全な食材の確認ポイントとして以下をチェックしましょう。

国産であること
生産者がはっきりしていること
農薬と放射能の検査が行なわれていること

 

上記の3つの条件を満たす食材の入手先としては、以下の「らでぃっしゅぼーや」が有名です。

 

らでぃっしゅぼーや公式

 

らでぃっしゅぼーやの公式ページはこちらから⇒ らでぃっしゅぼーや

 

幼いお子さんのおられるお母さんたちに多く利用されているようです。